気を遣わないので、疲れない。

近年、結婚披露宴を家族のみで行う人が増加しています。理由の一つとしては、「友人や仕事関係者を呼ぶと、演出や料理に気を遣う」ということがあります。確かに、血のつながりのない他人だと、食事の好みも知らないことが多いですし、「貧相な式だな」と思われたくなくて、見栄を張ってしまったりお金がかかってしまうことも多々あるでしょう。その点、家族だけなら、料理の好みも聞き出しやすいし、お互いの性格もよく分かっているので、あまり気を遣いすぎず披露宴を行うことが出来そうです。

小規模なので、お金の節約になる。

家族だけで行う披露宴なら、友人や職場の人を呼ぶよりも必然的に出席人数が減ります。ということは、提供する料理も少なくて済みますし、会場も小規模で大丈夫ということになります。その分、お金の節約になるというわけです。もちろん、節約出来るぶん、料理を少し豪華にしたり、プレゼントなどを用意したりと、他に予算を使うことも出来るし、披露宴の可能性を広げられるということもありますよね。浮いたお金で、会場のお花等の飾りに気を遣うのも良いかもしれません。

家族なので、新郎新婦の紹介が要らない。

披露宴でよくある演出の一つに、新郎新婦の紹介があります。二人の生い立ちや出会いについて司会者が説明したり、映像や写真を画面で投影したりするものが多いですが、家族だけなら、子供の頃からお互いを知っているわけで、そんな演出は不要になるのではないでしょうか。それも一つの費用節約になりますし、そのぶんの時間もかからずに済みます。このように、家族だけで披露宴をすることには色々なメリットがあるわけです。人を大勢呼んだ大規模な披露宴も華やかで良いですが、大切な披露宴だからこそ家族のみで落ち着いた時間にするのもアリかもしれませんね。

家族婚のプランは、招待者の人数を少なくすることで、コストを削減できるだけでなく、スケジュールを立てやすいことが利点です。