子供の写真の活用法!

子供が学校に入学すると、途端に写真を撮る機会が多くなります。入学式から始まり運動会に遠足、部活をしている子供であれば、大会等も写真に撮りたくなる瞬間です。写真だけでなくデータを活用する事で、フォトブックやカレンダーにして楽しむ事もできます。自宅のパソコンで簡単に作れますが、面倒な人は業者に頼めば良いです。現在は沢山の業者が価格競争している状態なので、画素数の良い高画質画像を比較的安価で頼む事が可能です。

SNSには注意!写真には情報が沢山あります!

デジカメや手持ちの携帯電話で簡単に写真が撮れる様になりましたが、撮った写真の使い方には注意が必要です。特に学校で撮った写真は学校名がすぐに分かる上、持ち物に名前が書いてあれば拡大して名前を確認する事も出来ます。その為個人情報と防犯面の2点から、慎重な扱いが必要になります。特にSNSにアップする場合、ネットの向こうには不特定多数の人がいます。自分の子供をアップするのも危険ですが、他人の子供を許可なくネットにアップした場合トラブルになる恐れがあります。

少しの気遣いでトラブルを防ぐコツ!

トラブルに巻き込まれない様安心して子供の写真を楽しむのであれば、我が子以外の子供を撮影する時は慎重になった方が良いです。自分は良いと思っても相手の親からすれば嫌なタイミングかもしれないので、万が一撮る機会があれば相手の親に許可を得る事が大切です。また撮った写真は自分でしっかりと管理して、情報漏洩しない様にするのも大事な事です。そうしてしっかりと管理すれば、トラブルに繋がる事なく楽しい思い出が残せます。

学校の修学旅行や卒業式などで撮る写真のことを学校写真といいます。写真の種類には集合写真やスナップ写真などがあります。